イメージ画像

悪徳探偵の手口を知る

探偵を見極める目を備えることが可能ならば「悪徳探偵や低品質な調査を実施する悪質な探偵」に依頼することは無くなることでしょう。ましてや飽和状態にある探偵業界は「探偵の数よりも依頼が少ない」という状況にあり、依頼欲しさに悪質な業務に手を出す探偵も時々世間を騒がせているようです。違法な業務以前に「悪質な業務を実施し悪徳探偵」と呼ばれる存在は減少することは有りません。特に巨額な広告費を投じて依頼人を集める手法を用いている探偵業者は「高額な調査を勧める」ことになり、結果的に調査に満足しない依頼人達は消費者センターに苦情を告げることとなってしまうのです。ズバリ申し上げて「高額な着手金や調査費用」を調査実施前に請求する探偵業者は高確率で後に料金トラブルを引き起こす可能性があると言えます。何故ここまで断言できるのかは「悪徳探偵の手口である」からに他ありません。一部の探偵業者が長年にわたりこのような悪質な業務を継続的に展開しているために「苦情が尽きない」という状況にあるのです。このような悪徳探偵に対して「普通に探偵業を営む」探偵たちは苦情やトラブルとは無縁と言えます。決して裕福な探偵とは言えませんが「依頼者に対して真面目に正直に探偵として提供可能な業務をコツコツ実施」しているのです。悪徳探偵のようにいい加減に多くの案件に着手することもしませんから「可能な範囲の調査を実施」することで事実をコツコツ積み重ね真実をご依頼者に報告するのです。悪徳探偵はすべてにおいて根拠が薄い業務を実施します。相談時点で調査をご相談者にお勧めする根拠についても曖昧な判断が多く、根拠をお伺いすると「長年の経験」という答えが返ってくるものなのです。相談者からの話の中で考えられる根拠が存在して調査を勧めるならば納得できるのですが、勘や経験が根拠と言われて信用する人物はいません。現実的なお話しが出来ない探偵は悪徳探偵と判断出来ますので「根拠の無い提案が相談に多く存在」する悪徳探偵の言葉や手口には乗らないことが賢明と言えるでしょう。

調査に必要な人員を増員する悪徳探偵

悪徳探偵を語る上で欠かせない特徴は他にも存在します。現場で実施する調査に関してのお話しになるのですが、現場で調査に必要となる人員を増員しようとする傾向が強く表れるのです。調査対象者が時々タクシーを利用するため、「調査員も車で待機させましょう!」などの理由で増員を提案したり、立ち回り先である場所が張り込み困難なため、「必要な出入り口を監視するに必要な人員を増やしましょう!」の理由のもとに増員をことあるごとに提案し「多額な調査費用とする」のです。通常の尾行による調査案件において増員が必要となるケースは「対象者の勤務先が大きなオフィスビル」などで複数の外出経路が確認できる場合のみ増員が必要なケースはポピュラーと言えます。それ以外のシュチュエーションに対する増員をことあるごとに対応したならば「最初から4,5人の調査員が必要」となってしまい通常他の探偵業者が実施する尾行の倍以上の調査費用の差額が生じてしまうのです。このような悪徳探偵の手法により調査が終了するまでに数百万円の調査費用がかかってしまうケースなど珍しくないと言えるのです。少人数の調査員で多くを得ようと努力するごく普通の探偵に対して、倍以上の人員を調査に投じる調査手法を用いる悪徳探偵は比較にならないほど無駄が多い業務を平然と提案し実施してくるものなのです。

このページの先頭へ