イメージ画像

探偵の業界団体の信頼性は?

探偵という仕事は依頼人にとっては正義の味方になる場合が多いのですが調査対象者にしてみれば悪魔にも似た恨みの対象かもしれません。
インターネットで探偵探しをしていると「日本調査業協会」もしくは「日本調査業協会所属」のような団体名を見かけることがあるかと思います。
簡単に言えばこれはそれぞれの探偵事務所が加盟(任意)している業界団体で、おそらく最も名が知れていると言えるのは「一般社団法人日本調査業協会」です。
その次に、例えば東京都なら「一般社団法人東京都調査業協会」ように各都道府県の調査業協会があるわけですが、 NPO法人○○とか○○探偵協会など様々な団体があるので、一般の方にはおそらく何が何だかよくわからないのではないでしょうか。
一応、表向きには多数の探偵事務所が加盟しており信用性の高い団体などと謳っているようですが、残念ながらこれらの業界団体には現在のところ信頼に値するものは一つもない状況です。

それはなぜなのか?

業界団体が一部の人物に私物化されている

もともと詐欺や金銭トラブルを起こす自称探偵が多かった、さらに探偵業が届出制になったこともあり、 「正規の探偵事務所は調査業協会に加盟しよう」という流れがありました。
多数の探偵・興信所が加盟しており歴史もある業界団体ですが、一部の人物が権力を握り団体を私物化するケースがあるようです。
以前、社団法人日本調査業協会での専務理事、同じく社団法人東京都調査業協会の両方において会長職にあった人物が逮捕される事件がありましたが、 これはあくまで表面化した一部の例にすぎません。
現在でも懲りずに一部の者らが協会を利用して自身らに利益誘導などを行っています。
会長の立場にあろうが理事だろうが、欲に支配された者が地位についているだけになってしまっています。
このような状況なので業界には何のメリットももたらさず、存在意義すら怪しくなってきました。
すでに協会を抜けている探偵・興信所も決して少なくはありません。
「日本」というと全国規模の団体のように思えますが、現在は歴史が古いだけで団体数は減っています。
もちろん相談者や依頼者にとってもメリットはなく、もはや「調査業協会の紹介なら信用できるかも」という誤解を与えるだけだと言ってよいでしょう。

そもそも仲間内の寄り合いの性質がある

探偵業界では探偵社同士で意外と縦や横のつながりがあったり、新しくできたりします。
人手が足りない時にヘルプのように調査員を融通する、元従業員が独立する、下請け調査員と知り合うなど、つながりができる機会があるからです。
それ以外にも今はインターネットやSNSを通じて新たな関係ができることもあります。
一般社団法人日本調査業協会や各地の調査業協会以外は、そういったつながりでお互い協力していこうということで新しく作られた団体が多いです。
ですので、いわば「複数の探偵事務所が集まった別の探偵事務所」になっているだけなので、 特別な信頼性や信用性というものが担保されているわけではないのです。
そのような内輪の集まりに過ぎないのに、中には「○○協会第1位表彰」などと、 いかにも「自社が優れた探偵社として公正に選ばれた」かのような悪質なアピールをしているところも見かけられますが、 上述のように内輪の寄り合いで選ばれたことになっているだけですので騙されないようにしましょう。

このページの先頭へ