イメージ画像

探偵とのトラブルを回避するために

前金制の料金システムはどのような業種であっても後にトラブルが発生しやすい要素が存在します。これは探偵業に限ったことではなく「お預かりした費用を実施した業務で相殺」し全て利益にしたいという考えを持たせてしまうことが原因していると考えられます。自作自演サイトとして多くの方が認知する「探偵口コミ比較サイト」や「探偵口コミ比較ランキング」は実際に口コミや比較が存在しないにもかかわらず、広告掲載費用を支払っていいる探偵業者が毎回同様に掲載されるサイトとして認知が高まりつつあります。このようなサイトに上位表示されるために必要となる費用を考えると「高額な広告費が発生」していることは誰にでも理解可能な事実と言えるでしょう。高額な広告費用や高額なSEO費用を投じている探偵は「トラブルが多い探偵」という位置付けが正しい判断と言えるのです。高額な広告費用を投じる探偵の多くは「前金を要求する傾向が強く表れます」このような流れが何を意味するか?お話ししますと「多くの費用を事前に預かることで依頼者に不安を煽り、ことあるごとに無駄な調査を実施」させるのです。事前に預かった費用はあっという間に底をつき「更に追加調査費用を投じて調査を継続させる」ことが必要となるのです。このような手法は言うまでもなく一般的な探偵と比較したならば圧倒的に高額な調査となり、無駄な時間と費用が多く費やされる傾向が強くなってしまうのです。探偵の善し悪しを判断する上で「探偵とのトラブル」に進展する経緯を事前に理解することは有意義と言えるでしょう。上記のような探偵の手法はトラブルに進展する代表的な探偵の業務と理解されるべきであり、多くの方がこのような探偵の手法を認識することによって「悪徳探偵が衰退し探偵業界が浄化される」ことが望ましい方向性と考えられるのです。

無駄が多い探偵=悪徳探偵

先にも記述しましたが「悪い探偵は無駄な調査を実施する」ということが言えます。当然ですが多くの時間調査を実施することにより多くの調査費用を発生させる目的がそこには存在しています。多くの人数を使用した調査を実施させたいと考える探偵も同様の意図が存在するものであり、無駄な人員を使用した調査を実施する探偵も悪徳探偵である可能性が高いと言えます。逆に相談や依頼の際に極力ご相談者のご負担を軽減することに気配りし、無駄な期間や時間を避けた調査手法を提案する探偵は「誠実で優良」と判断可能となります。このような優良な探偵は「相談者の不安を煽る」言葉や「調査を急かす」言動は避けて冷静な判断を促す存在と言えるのです。探偵自身が将来的に目の前に存在しているご相談者とトラブルにならないように配慮した言動や提案を実施して相談に応じているものなのです。

依頼者と探偵がトラブル発展する経緯

悪徳探偵像が少し見えてきたところで、決定的な悪徳探偵の特徴をお話しします。悪徳探偵は「調査結果を出すことに執着しない」特徴があり、依頼者の欲している結果が出るか?出ないか?に対して執着がありません。悪い言葉で表現するならば「無責任な存在」と言えるのです。依頼人に対してコロコロ方向性が異なる無責任な発言を口にしたり、調査を長引かせることを目的に「根拠の存在しない無責任な想定の提案」をすることが特徴としてあるものなのです。このような無責任な提案や発言は当然ながら後に「言った言わないのトラブル」に度々進展することとなってしまいます。後先を考えない発言から依頼人の心情を逆なでする行為を平然と実施してしまい、結果的には依頼者と探偵とのトラブルに発展してしまうのです。

このページの先頭へ